読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくが発達障害と知った日から〜ジャンボ市橋の凸凹ライフ〜

ジャンボ市橋。北海道のシニア専門健康トレーナー。大人になってから自分がグレーゾーンの発達障害(ADHD+アスペルガー)だと気づき、独学で発達障害をまなぶ。また、小さいころからスポーツは得意だったものの、ココロがものすごく繊細。HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の気質をもつ。発達障害について、HSPについて現在勉強中♩

いま読んでいる、これ!

f:id:youte:20170302100451j:image

 

栗原 類さんの「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」。

 

 

共感することが多く、新しく知る世界も多い一冊。 

日本の空気感もリアルに感じる。

 

この本に出会えたことに感謝。

マッキー

最近特に好きな「槇原敬之」。

 

 

『どんなときも。』の歌詞の

 

「昔はよかったねと、いつも口にしながら生きていくのは嫌だから」

 

 

このフレーズが妙に僕の耳に残った。

 

 

後悔のない人生を歩みたい…

 

そんな気持ちが強いのかもしれない。

 

 

今を生きよう。

 

冒険しよう。

 

好奇心のままに。

 

 

p.s.  この曲のイントロ…大好きだ。

あさ

朝は気持ちがいい。

 

目覚ましよりも早く目が覚めたベッドの中が

 

温かくて、朝の光がカーテンの隙間か らチラチラみえるのを見ている時間が大好きだ。

 

 

まだ頭がボーッとするままに外に出て散歩、空気が旨い。鼻から吸うくうきと吐くくうきの温度差を感じながら、今日も一日がはじまる。

 

「最強の休息法」という本でマインドフルネスという考え方を知った。

 

あたらしい楽しみ方を知った。

 

人生、いろんな楽しみ方があるものだ。

 

幸せだ。

 

 

今日も笑顔で(^ ^)

まだ発展途上国

日本という国はすごく綺麗な国だ。

四季があって、季節で景色がガラっと変わる。

空気の香りも、肌にあたる感じも変わる。

そんなところが大好きだ。

環境が最高にいい。

ただ最近強く思うことは、

環境は先進国。“心”はまだまだ発展途上国

スタンディングオベーションまでとはいかなくても、お互いがお互いを尊重しあえる国になるといいな、と思う。

もうちょっとだけ優しい気持ちを持てたら、

すごくステキな国だと思う。

今はちょっと生きにくいかな。

少しずつ一歩ずつ、心豊かな世の中に。

今日も笑顔で(^ ^)